カードローンを新規で申し込む際、とくにATMなどの機械が相手の場合、ついつい自分の収入を多めに申告したくなります。できるだけ一回に多く借りたいと思うので。こんな上乗せとか、その他、審査ですぐにバレることってありますか。

個人信用情報や各社のノウハウでかなり厳格にチェックされます

カードローンの審査で必ず行われるのが、個人信用情報機関の登録された、個人の借入れ・返済状況の照会です。このデータベースで分かることは、
・現在の他社からの借入れの有無、借入れ額
・以前の支払遅延の記録
・支払いをしなかったという事故記録
などです。

他社からの借入れやその額は、申込み時に、WEBの入力フォームや申込用紙に、情報を記入する欄があります。当然、ここには正確な数値や事実を記入する必要があります。もし違っていると、審査に通らない、または違う情報を記入した理由を追及されます。

結局、申込書への記入は、その人の借入れに対する姿勢がまじめかどうか、誠実さを見極める側面もあるといえます。同様に、申込書の記入欄には「現在の収入(年収)」「勤務先」「勤続年数」「住宅」があります。

このうち年収に関しては、別に個人信用情報として登録されている情報ではありません。だからついつい多めに書いてしまいがちです。だいたい、正確に去年の年収を覚えている人はまれですし。

しかし、勤務先に関しては電話で確認する在籍確認が行われます。この在籍確認がとれたら、次はその会社の規模や、申請した勤続年数を判断材料に、一般的な年収が割り出されます。これは各融資会社や業界のノウハウといっていいでしょう。

なので、あまりに実状より多い収入で申請していると、懸念材料となって審査に悪影響が出ます。また、借入額が多く、一定の額を超えると、収入証明書(給与明細書や源泉徴収票)の提出を求められます。ここも事実どおり、が求められるポイントです。審査は人柄、性格を含めた信用確認と考えるのが重要です。

また、嘘でなくても、決して間違えてはいけないのが、本人確認のための情報。名前を間違えると、個人信用情報の照会ができません。まず間違える人はいませんが、自分の借入れ履歴を隠すための意図的な行為と取られると、まず融資は受けられません。

住所も含め、本人確認資料は免許証や保険証ですぐにわかる情報なため、注意が必要です。

「嘘」は厳禁!ローン審査に受かるためにしてはいけないこと

住宅・車・学校など、人生の中で何度か大きな出費があります。一括で払うことができればいいですが、数百万円・数千万円というお金を用意するのは難しいものです。そこで私達が利用するのがローンになります。

ローンは誰でも申込みはできます。しかし、誰もが借入までできるわけではありません。ローンに申込むと審査がはじまります。その審査に通ってようやくお金を借りることができるのです。

それでは、ローン審査に受かるためにはどうしたらいいのでしょうか。ローンに受かるためには、一にも二にもローン会社に信頼をされることが必要です。信頼されるには、収入が安定してることであったり、過去の消費者金融履歴に延滞などの事故履歴がないことなどがあげられます。しかし、これらは私達の力だけではどうしようもないことだったりします。過去にやってしまったことは取り戻せないですし、収入が安定してるかもローン会社によって基準が変わってきます。そこで大切なのは、ローン審査に受かるためにしないといけないことではなく、してはいけないことを知っておくことです。

一番してはいけないこと。それが「嘘」を吐くことです。申込みの段階で収入や勤務先、過去の消費者金融履歴を聞かれたりします。そのときに、バレないだろうと嘘を申請することは絶対にやってはいけません。これぐらいバレないだろうと申請したことはしっかりと調べられるので、バレます。

収入は収入証明書を提出しますし、勤務先には在籍確認で連絡がはいります。また、消費者金融履歴は消費者金融業者間で個人信用情報として共有されています。他の業者だからバレないだろうというのは大間違いなのです。ローン審査に受かるためには嘘は厳禁なのです。

嘘をついてはいけないけど、それでは受からない、という事情の人もいるかもしれません。先程も言った通り、個人信用情報に事故履歴があってしまったり、収入が少ない雇用状態であったり人により事情は様々です。確かに、こうした事情は審査に影響してきてしまいます。ですが、比較的に審査が緩いローン会社やパートやアルバイトなども借入ができる雇用形態に特化した会社など会社によって特徴があります。ひとつに絞らずにいくつかの会社で試みることが大切です。また借入金額などを見直すことも大切です。大きなお金を借りる場合は特に長期での返済を考えてローンを組みます。毎月無理なく返済できる額を考えることが大切です。

消費者金融を選ぶときに、中には甘い言葉だけを言ってくるヤミ金もあります。ヤミ金を利用してしまうと高金利によって一気に借金が膨らんでしまいます。審査に落ちたくないからといって審査がない会社を利用してはいけません。審査は正規の消費者金融では必ずあるものです。ないところはヤミ金を疑ってください。審査によってローン会社に信頼されることが必要ですが、逆に私達が信頼できるローン会社を利用する必要もあります。しっかり下調べをした上で利用するようにしましょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2021 カードローンの【審査は激甘】がイイもん!人気の業者一覧 All Rights Reserved.